世界の子供服 マ ・メール

世界の子供服 マ ・メールは、子ども達の豊かな感性を育む 子供服のプレステージブランドをおくり続けます。

LIBRIAMOCI イタリア カミッラ子ども図書館

幼くしてこの世を去ったカミッラ。娘への思いを込めてご両親が小さな基金団体を立ち上げ、
イタリアのミラノに 「LIBRIAMOCI」 -LIBRO(本)+LIBERO (自由にはばたく)- というテーマの子ども図書館を造りました。

毎週 「LIBRIAMOCI カミッラ子ども図書館」では、フリー・ワークショップが行われています。
講師の先生はジャーナリスト・舞台演出家・音楽家など、それぞれの職業を活かし毎回、楽しい時間を作ってくれているようです。

LIBRIAMOCI FREE WORKSHOP REPORT
イタリア カミッラ子ども図書館 ワークショップレポート

この日は絵を描いて自由に遊ぼう!!のワークショップ。

先生の「今日は動物です!!」のかけ声に
子ども達は思い思いの絵を描きます。

左の女性が今日の先生。
図書館の壁画は彼女が描いたもの。

Photo1 Photo1
Photo2 Photo3

子ども達が描いた絵は図書館にディスプレイされます。

Camilla Family

左)カミッラのお母さん、イラリアさん。
中)絵本「読むことは飛ぶこと」の
  イラストを手掛けた壁谷 芙芙さん。
  マ・メールのワークショップの先生です。
右)カミッラの叔母さん、ジャーナリストの
  アントネーラさん。

「VOGUE bambini」の編集長であり、
絵本「読むことは飛ぶこと」の作者で
あるジュリアナ・パラピアーゴさん。

ジュリアナ・パラピアーゴ

基金団体「Gli Amict di Camilla - ジリ・アミチ・ディ・カミッラ -」(カミッラのお友達)

Associazione "Gli Amici di Camilla"
Sede: Via Amedeo d'Aosta, 6-20129 Milano
Tel.02-20403211
URL:www.amicidicamilla.it
e-mail:amici.camilla@libero.it

 

カミッラの絵本

作:ジュリアナ・パラピアーゴ(VOGUE bambini編集長) 絵:壁谷 芙扶(かべや ふよう) 訳:久保田 佳子

 

絵本 「読むことは飛ぶこと」
  • leggere e volare
  • -読むことは飛ぶこと-
  • 定価 1300円(イタリア語版 別紙 翻訳付)
絵本 「さあ、いっしょにいこうよ」
  • DAI VIENI CON ME!
  • -さあ、いっしょにいこうよ-
  • 定価 1300円(イタリア語 日本語 二ヵ国語版)

 

この度、基金団体Gli Amici Di Camilla(カミッラのお友達)を支援する運びとなりました。

マ・メールを通じて、日本の子ども達へ絵本「leggere e volare 読むことは飛ぶこと」を紹介し、「チャリティーをすることの大切さ」を子ども達に伝えることが出来ればと願っております。

株式会社マ・メール  株式会社シーダビュリュエフ・ジャパン    代表取締役社長  福家 達二    

 

幼い頃、幼稚園にも小学校にも馴染めなかった私は絵を描く事や本を読む事で、周りとのコミュニケーションをとったり自分を表現することを学んできたような気がします。それは救いでもありました。

ジュリアナさん(VOGUE bambini編集長)よりこの本の「絵を描いて」と連絡を貰った時、あぁ、自分にも出来る何かがあるんだと宝物を発見した様な気持ちになった事を覚えています。この小さな本は、カミッラの両親の思いと、彼らに賛同している私たち製作者の少しのお手伝いから生まれました。カミッラは、この世からいなくなってしまったけれど、本や図書館に姿を変えて生き続けています。

いつか近い将来、日本のカミッラ子ども図書館で皆様にお会いできるよう、今出来る事を積み重ねていきたいと思っています。

壁谷 芙扶    

-カミッラのお母さん、イラリアさんのメッセージです-

"Reading books is flying with fantasy. With the help of Camilla we can fly very far..."
many kisses and thank you!!
"本を読むことは夢の世界で飛びまわること。カミッラと一緒にもっと遠くへとべるはず...。" ありがとう!!

 

ページトップへ